9:00~17:00
毎週水曜日・祝日
2020年05月28日
ブログ

【シロアリ被害発生】活動が活発になるこの時期にきちんと対策を!

営業部の柏倉です。

先日、ご入居が決まった某アパート(宮城県仙台市太白区〇〇〇〇)を点検していた際に伺ったお部屋であった出来事です。

 

なにやら玄関ドア枠がボロボロに・・・ん?

 

恐るおそる触ってみたら、木枠が崩れ、中がスカスカ・・・

 

シロアリに食べられているー!!!!!

 

早速、大家さんに報告!と、

シロアリ駆除業者様と修理業者様(今回は大工さん)に現場の確認と調査をご依頼しました。

状況を調査する

アパート玄関前の台所床下点検口から床下を確認しました。

 

建物の南側は床下に通気口があり、風通しは良い状態でした。

しかしアパート玄関がある建物北側の床下は通気口がなく、通気がうまくいかずに湿気がこもりやすい状態でした。

また、昨年には、上階の止水栓で水漏れの不具合があり、下階であるこちらのお部屋の床下がさらに湿気が多い状態となっていました。

シロアリが好む場所って?どこ

湿った木材(ラティスフェンスなど)や段ボールが大好物。

 

湿気がこもった柱や床板など、湿った木材が使われている住宅はシロアリの“食物宝庫”だそうです。(゚д゚)!

 

注意と対策は?

注意してもらうことをまとめます。


【その1】

シロアリのエサになる木材を置かないこと

 

【その2】

建物の基礎まわりの風通しと日当たりをよくすること

 

【その3】

家のまわりに荷物を置かないこと
(床下の通気口のある基礎のまわりはスッキリとさせておきましょう。)

 

家の中も床下も、こまめな換気が必要なのですね!

 

今回の被害への対処について

今回の作業内容

・被害があった木枠を可能な限り取り除く作業

・下地材(根太)枠の状況を確認

 下地材は幸いな事に問題がなかったので、木枠の内部にシロアリ駆除剤を注入!


・今後の侵入被害を防止するために、玄関床タイルにも複数穴を開けて駆除剤を注入後、穴を塞ぐ


・新しいドア枠を組み直してもらい工事完了!

最後に・・・

シロアリは1年中活動しているそうです。


ちなみに、シロアリの胴体は寸動で“くびれ”がないそうです。


温かい時期になると、室内にアリが入ってくることがあります。


全てのアリがシロアリとは限りませんので、くびれチェックしてください。

もしもお住まいで“シロアリ”?らしき“アリ”を目撃した際には、平和エステートまでお知らせ下さい。

 

以上、現場から柏倉がお伝えしました! (^^)ゞ

この記事を書いた人
柏倉 秀晴 カシワグラ ヒデハル
柏倉 秀晴
オーナー様担当、修繕業務担当しております。

日々感謝の気持ちを忘れずに『ありがとう』をいただける対応を心がけていきたいと思います。

オーナー様には色々とおまかせ頂きましてありがとうございます。今まで以上によろしくお願い致します。
そして、気配り心配りを忘れることなく頑張っていきたいと思います

ご入居者様が心よく入居頂ける様な対応させていただきます。
ご不明な点などございましたらお気軽にご相談下さい。
arrow_upward