9:00~17:00
毎週水曜日・祝日
2021年10月09日
不動産コラム

アパートの入居者がベランダにゴミを放置し、隣室 からクレームが!よい解決法を教えてください。


アパートの入居者から、「先月、隣室に越してきた人がベランダにゴミを放置しているようだ。
悪臭が漂い、害虫が飛んでくるので何とかしてほしい」 という苦情が入りました。円満に解決するにはどうすればよいでしょうか?


入居者同士で直接やりとりさせず、必ず間に入るようにしてください。 生活態度に著しい問題がある入居者には、契約解除や明け渡しを求めることができる場合もあります。

入居者任せにせず、オーナー主導で解決を目指す

 残念ながら一定の割合で、 今回のご質問のようにベラ ンダや居室内にゴミを溜め込み、悪臭や害虫を発生させ、 他の入居者や近隣住民に多大な迷惑をかける方がいます。 このような場合、 入居者同士が直接、話し合いを行うと トラブルが激化する可能性もあるため、オーナーとして は絶対に入居者任せにすることなく、 管理会社の協力を ながら対処していくことが大切です。

まず、写真を撮ったり報告書を作成するなどして、 行為の状況を第三者が確認できる形に残しましょう。 これをする理由は、賃貸借契約の解除を求める場合、 オー ナーが「入居者との信頼関係が破壊されていること」を証明する必要があるからです。

次に、「全入居者に対して」 居室やベランダの使用方法 について注意を喚起する文書を配ったり、 掲示板に掲示するなどしてください。 迷惑行為の当人だけに通知すると反発される恐れがあるので避けましょう。 投函(または掲示)した日付は記録しておきます。

第二段階は 「内容証明郵便」の送付

全員に注意喚起をしても改善しない場合は、いよいよ個別に退去を求めていくことになります。 

改めて、本人宛に「◯月◯日までに改善されない場合には、賃貸借契約を解除します」という文書を内容証明郵便で送付しましょう。 改善の期限は、郵便到達後10日から20日程度とするのが一般的です。

それでもなお改善されないときは、一方的に契約解除するのではなく、 裁判や調停を起こすことになります。

裁判と調停では何をするのか?

裁判では、前述の通り「信頼関係が破壊されるほどの感行為があること」を証明していく必要があります。 ただ、入居者にとって居室は生活の本拠となることから、かなりひどい行為でない限り選去が認められること は困難といえます。 今回のケースは、悪臭や害虫の程度 がひどい場合は認められる可能性があります。

なお、過去までは求めない場合には、簡易裁判所に 事調停を起こすという方法もあります。そこでは「いつま でに改善するか」などの約束事を決め、 「守らない場合は 契約を解除する」という合意を得ることができます。

Point!

・「入居者同士の話し合い」はトラブルの元! 必ず オーナーが間に入る!

・ 裁判や調停に備えて迷惑行為の証拠を形に残そう! 

・ 注意喚起は、まず全入居者を対象とし、次に本人に!



がとう・ゆきひで  弁護士法人事務所 1972年生まれ。 名古屋 市出身 愛知学院大学法科大学院了 2010年弁護士登録。 愛知県弁護士 会所属。20年間、 不動産賃貸会社をしていたという異色の経歴を持ち 自らも8種 160戸の物件を保有、法律に精通した実践的なアド バイスに定評がある。 YouTubeで 「弁護士かとう」 チャンネルを運営中



※Owners 2021.9 加藤幸英の法律相談より


 

この記事を書いた人
加藤慎 カトウ シン
加藤慎
営業部で賃貸仲介、売買仲介、物件オーナー様の担当業務をさせていただいております。

不動産についてのご相談はお客様によって様々ありますので、ご希望やお考えをしっかりと理解し誠実な対応が出来るように心がけ、プロとしてお客様にとって有益なご提案と情報提供が出来るように知識の習得も続けていきます。

また、営業部の賃貸客付けグループはスタッフの人数が増え体制が強化されました。

グループ全員が一致団結して、一日でも早く空室の客付けが出来るよう頑張っています。
store

会社概要

平和エステート株式会社
arrow_upward